fc2ブログ

公立高畠病院ブログ

公立高畠病院

中村翼先生へのインタビュー  

朝晩だいぶが寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
さて、研修医としていらっしゃっいました中村翼先生にインタビューしましたので、ご紹介させていただきます。

nakamura

■出身地はどちらですか。
 ⇒ 茨城県つくば市です。高畠町が人の横顔のうなじとすれば、つくば市は座った犬の後ろ足付け根あたりにあります。

■高畠町の印象はいかがですか。
 ⇒ 私は山形大学出身です。当時所属していたソフトテニス部では毎年国試の合格祈願に亀岡文殊のお守りを受験生に贈っていました。平時の成績からは心配されていたメンバーの何人かがつまずくことなく合格できたのは、大日如来様の神通力にお支えいただいてのことだったと思っています。そんなわけで私は高畠町に、ある意味では神々しいような印象を持っています。

■実際に研修してみての感想を。
 ⇒ 研修では地域住民健診、訪問看護、退院支援多職種カンファ、栄養指導などに同席させていただき、とても良い経験になりました。また指導医である大木先生より、新健康法講座では「入浴ハンバーグ理論」「カフェインの作用」、病棟では経絡、医局では世界情勢やオススメのお店、等々をご教授いただき、大きく見聞が広がりました。そして今からは漢方講座を控えており、元々関心を持っていた分野でもあるため大変楽しみです。

■今後のビジョン(進路)を教えてください。
 ⇒ 来年からは精神科の専攻医として、専門医・指定医取得に向けて邁進する予定です。様々な理由で悩んでいる方々(患者、家族、支援者等)と関わる中で、めいめいの生活の質をあげられるような医療者になりたいと考えています。さらに先の話をすれば、いつかはクリニックを開院し、バーなんかを近くに設けて、家は戸建てにシアタールームとテニスコートがあって・・・。ビジョンというよりは夢になってしまいましたが、夢はいつまでも尽きません。

■医局の先生方に一言お願いします。
 ⇒ 1か月間、ご指導いただきまして誠にありがとうございました。先生方、また病院スタッフの皆様に様々なことを教えていただき、大変有意義な研修となりました。ご多忙の中、本当にありがとうございました。残りの期間も何卒宜しくお願い致します。殊に大木先生に関しましては、今後も浴場でお会いした際にはご挨拶させていただきますので、重ねて宜しくお願い致します。
===================================================
中村先生 日々の研修お疲れ様です。 ことらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
みなさんも寒さに負けず、ご自愛ください。


category: 研修医

tb: 0   cm: 0

◆第141回 まちづくり出前講座  

2021年6月25日(金曜日) 14時~16時 ナウエルホール米沢(米沢市) 
 

今年の1月、南陽市のナウエルホールにて万全な感染防御対策を施した環境下での健康講座を開催致しました。今回は米沢地区の皆さんが対象の第2弾で、上杉神社の西側に位置するナウエルホール米沢本店で開催です。

言わずもがな新型コロナ禍の中、約30名を越える皆様がご参集されました。



定刻通り、14時から始まった講演は16時前に終了し、ラスト20分は質問コーナーでした。
タイトルは南陽市と同じ 「新健康法 常識が非常識」。

IMG_2760_R.jpg

合計125枚のスライドを駆使して、「新型コロナウイルスに打ち勝つ予防法」や「免疫力アップの方法」など日常的に常識と思しき10項目ですが、実は落とし穴が有り、時には身体に害をもたらす危険性が潜んでいる注意喚起の内容でした。

いつもの出前講座と違っていた点は、テレビ局2社のカメラが取材に来られていた事でしょうか。

IMG_2787_R.jpg

私事で恐縮ですが、来年の春で定年を迎えます。従いまして、昨年から始まった新型コロナの影響で、出前講座の開催が困難になって参りました事も踏まえ、今回が最終回と予想されます。

山形に赴任して早12年が経ちました。出前講座も今回で141回と無事に務めさせていただき、この場をお借りして、開催に関係されました方々、ご多忙にも拘らずお集まりいただきました多くの皆様方に深く深く感謝申し上げます。これまで出前講座を継続出来たのも、毎回の事でしたが、皆様方の顔が生き生きと輝いて居られた事に励まされたからに他なりません。

皆様のご健康を祈願しつつ、筆を置かせていただきます。有り難うございました。

category: 出前講座

tb: 0   cm: 0

茂原義弘(しげはらよしひろ)先生へのインタビュー   

春らしさも感じられるようになった今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

本日は、研修医として1か月間当院にいらっしゃる茂原先生をご紹介いたします。

shigehara


≪Q1. 出身地は?≫
A. 東京都日野市です。

≪Q2..高畠町の印象は?≫
A. 自分が自然のあまりない環境で育ったからかもしれませんが、豊かで肥沃な場所という印象を受けました。食べ物の美味しさはもちろんのこと、白竜湖周辺からの景観など視覚的にも美しさと豊かさを訴えかけてくる土地だと思います。

≪Q3..実際に研修してみての印象は?≫
A. 先輩方も言及されていますが、大学病院のような急性期病院には不可能な経験を積ませていただきました。医局の先生方のみならず、事務局の皆様、病棟看護師、薬剤部、リハビリテーション科、栄養管理科、検査科、放射線科などの皆様にも大変お世話になりました。急性期から在宅医療への繋ぎ方、それに必要な社会資源の考慮、患者さん一人一人の抱える問題との向き合い方など地域医療に必要な考えを学ばせていただきました。また研修医担当をしていただいた大木先生の漢方講座では、漢方の基本的な考え方や診療方法を教えていただき大変勉強になりました。

≪Q.4.今後のビジョン(進路)は?≫
A. 代謝・内分泌内科(山形大学第三内科)に進む予定です。糖尿病を扱う領域であることから 地域医療が非常に大きな意味を有する分野です。機会に恵まれれば高畠の地域医療にも携わっていきたいと考えています。

≪Q5.医局の先生方に一言≫
A. 一か月間御指導いただきありがとうございました。先生方をはじめ、スタッフの皆様方には機会に恵まれるたびに様々なことを経験させていただき充実した研修生活を送れました。この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございました。これからもお会いする機会が多いと思いますのでどうか宜しくお願い致します。

=========================================
茂原先生、日々の研修お疲れ様です。今後ともどうぞよろしくお願いします。

category: 職員

tb: 0   cm: 0

渡部賢(わたなべけん)先生へのインタビュー  

 今回は、令和3年1月末までいらっしゃった。渡部賢 先生をご紹介いたします。
※紹介のタイミングが遅くなりすいませんでした

 渡部先生

 渡部先生におかれましては、令和2年12月から令和3年1月までの2か月間、高畠病院にご勤務いただき、本日令和3年2月1日より大学病院に戻られております。

==========================================
 ~渡部先生よりメッセージをいただきましたので、ご紹介いたします。~

高畠病院内科として12月1日から1月31日まで勤務させていただいた渡部賢と申します。2か月間という短期間の勤務ではありましたが、高畠病院のスタッフの皆様から本当に優しく迎えていただき、楽しい毎日でした。2月からはまた大学病院勤務に戻りますが、当直などでまた伺いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

==========================================
渡部先生、大変ありがとうございました。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

連日の除雪作業で「くたびれている」方々もいらっしゃるかと思います。そんな時は【いつもより、ぬるめのお風呂】に30分程度ゆっくりつかって心身リフレッシュなんてのもいいですよ!

凍った路面は転倒のリスクもありますので、外出の際はどうぞお気を付けください。

category: 職員

tb: 0   cm: 0

第140回 まちづくり出前講座  

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
新年を迎え、気持ち新たに活動してまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、令和3年最初の出前講座を開催いたしましたのでご報告いたします。

開催日時 : 2021年1月15日(金曜日) 14時~16時 
会   場 : ナウエルホール南陽(南陽市) 

大木ポスター

昨年当初から全世界的にパンデミックとなった新型コロナ禍の影響で、出前講座の要請は殆ど無に等しい状況でしたが、定員制で万全な感染防御対策を施した環境下での出前講座要請が有りました。

室内

今回は、置賜地域住民に向けての健康講座を推進するナウエルさんからのご依頼です。

看板と

今季第3波となった寒波も過ぎ去り、初春を思わせる陽気の中、南陽市椚塚のナウエルホールで行われました。
14時から始まった講演は16時に終了し、ラスト30分は質問コーナーでした。
タイトルは「新健康法 常識が非常識」。

両手

合計120枚のスライドを駆使して、「新型コロナウイルスに打ち勝つ予防法」や「免疫力アップの方法」など日常的に常識と思しき10項目ですが、実は落とし穴が有り、時には害をもたらす危険性が潜んでいる注意喚起の内容でした。

左手

毎度の事ですが、イヤー本当に皆さんの顔が生き生きと輝いて居られたのがとても印象的でした。
※ご参集人数 30名 プラス社員数名

=====================================================

時節柄、忙しい時期にもかかわらず、また、足元の悪い中お越しくださり最後までご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

大木先生も大変お疲れ様でした。

またのご依頼をお待ちしております。

category: 出前講座

tb: 0   cm: 0

〒992-0351山形県東置賜郡高畠町大字高畠386番地

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ