公立高畠病院ブログ

公立高畠病院

メディカルツーリズム「ブレスト温泉同好会」  



おはようございます。
6月24~25日にメディカルツーリズム「第6回ブレスト温泉同好会」を開催いたしました。
メディカルツーリズムとは、医学的な根拠に基づき健康回復や健康維持・増進をめざす観光のことです。
この事業は、当院の須田院長、大木副院長と湘南記念病院の土井先生が中心となって3年前から実施され今回で6回目を迎えました。参加者は主に神奈川県内在住の乳がん術後の方が中心で、孤立無援になりがちな乳がんを経験した方同士の思いの共有の場、語る事での癒しの場、医師と遠慮なく、垣根なく思いを話せる場、気兼ねのない温泉入浴の楽しみの場など、病気に向き合う姿勢の変化に繋がる有効な事業です。
今回は44名が参加し、当院大木副院長推奨「3830運動(38℃30分)」の温泉入浴やさくらんぼ狩りなどを行い、笑顔と笑い声が絶えない楽しい事業だったと好評でした。
 須田院長、大木副院長お疲れ様でした。

医師招聘サイト http://www.takahatahospital-r.com/

category: 院長

tb: 0   cm: 0

明けましておめでとうございます。  

1月6日
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

本日の高畠は小雪が降っております。
気温も低く、体調管理が大変ですが、
感染性胃腸炎(特にノロウイルス)が流行しつつあります。
うがい手洗いを十分行い予防していきましょう

医師招聘サイト http://www.takahatahospital-r.com/

院長より新年のご挨拶はこちら

category: 院長

tb: 0   cm: 0

院長のちょっといい話  


今日の高畠は、最高のお天気!
院長のちょっといい話を...

このお話はある土曜の朝7時30分のことです。横浜の自宅から高畠へ戻る途中におきた出来事になります。
 私は高畠に戻るため自宅を6時30分過ぎに出発し、横浜市の金沢文庫駅から京急本線に乗りました。いつも京急本線に乗り横浜で東海道線に東京経由で乗り換えて高畠に戻ってきますが、その日は、八王子市にいる知人に会うため、横浜駅で京浜東北線に乗り換えることにしました。横浜駅は、JR各線、私鉄、地下鉄の各線が集り、多くの人々が利用する横浜市の中心駅です。
 本来であれば八王子駅に行くには時間帯により横浜駅で横浜線に乗り換えるところですが、時間が合わず一駅先の東神奈川駅で始発の横浜線に乗り換えようと京浜東北線に乗りました。車内を見渡すと平日の出勤時間帯よりは空いていましたが、それでもサラリーマンや子供連れの家族そして学生などでシートは満席でした。また、つり革も少し混雑気味でした。
 私は一駅で乗り換えるため、車両のドア付近に立っていました。隣に目を移すと電車の中に人のいない空間が作られていました。それは、朝帰りと思われる中年の男性が足を組みシートに持たれかけ顔を上に向けて寝込んでおり、その足元にはその人が飲んでいたであろう缶コーヒーが転がっており車両通路の中央部分から四方に汚れが広がっていました。私は嫌なものを見てしまったと不快になりました。すると、私と反対側に立っていた詰襟の高校生が素早くティッシュを取りだし、片膝をつき腰を落としてこぼれたコーヒーを拭き取り始めました。その学生は缶コーヒーを置いたであろう中年男性をよけながら、通路中央から中年男性の足元までこぼれたコーヒーの汚れを丁寧に拭き取っていきました。
 私は「偉いね。君は」と声をかけようと思った瞬間、背後に動きがありました。その高校生を見ていた50~60歳の作業着の男性が自分のバックからビニール袋を取り出し、学生が拭き取ったティッシュを入れるよう言いました。そして黙って自分のハンカチを学生に差し出し、学生はお礼を言いながら汚れた手を拭いていました。
 丁度その時、乗換駅の東神奈川駅に到着し、その車両を出てしまったため、その後の2人の行動はわかりません。朝の横浜-東神奈川間の京浜東北線の車内で2~3分間の出来事でした。私はその二人の心温まる光景を見てとても清々しい気分になりました。
 高校生も素晴らしいと思いましたが、その高校生の行動を見て手を差しのべた中年男性の気持ちを考えると、日本もまんざらでもないと思いました。

医師招聘サイト http://www.takahatahospital-r.com/

category: 院長

tb: 0   cm: 0

〒992-0351山形県東置賜郡高畠町大字高畠386番地

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ